車の購入-契約から納品までの話

車を購入することになるとまずは契約を交わし、その後に納車となるわけですが、その流れについて紹介していきます。

まず、ディーラーなどで車を選び実際に購入することになります。 目的の車が見つかったらその車を売ってもらうわけですが、目的の車がすぐに納車されるわけではありません。

現在の車はグレードやオプション装備などが非常に多彩で、基本的には購入が決まってからメーカー側で生産、納車という流れになります。 そのため車の生産や整備に時間がかかるため、一般的に1ヶ月前後の時間が納車までにかかるとされています。

中古車を購入する場合は整備だけで済みますのでもっと短い時間で納車されることもあります。 次に契約を交わします。 契約には印鑑や書類などが必要になり、お店で用意してくれる書類もあれば自分で用意する書類もあります。

事前にどんな書類が必要になるかを確認しておき用意しておけばスムーズに契約を交わすことができるでしょう。 逆に準備に時間がかかるとその分だけ契約成立も遅くなり、納車までも時間がかかることになります。 契約が正式に交わされれば後は納車を待つだけです。 納車を待つ間はこちらですることも特にありませんので気長に待ちましょう。

なんとなく面倒な手続きがあるように思えるかもしれませんが、車の購入、契約はそれほどの手間はかかりません。 だいたいのことは販売店の方がやってくれますし、わからないことは聞けばいいので安心です。