新車と中古車の差は僅差

私が安い中古車をすすめるには理由があります。その1つが車といったものにステータスを感じない場合、新車のような何百万もする車と50万円以下の中古車では大した差がないと感じているからです。

基本的に車に必要な機能の大半はしっかりと走行ができること。エアコンが使えること。BGMを流せること。

このくらいではないでしょうか。

車にこだわりがある人であれば乗り心地であったり、走行性、安全性能などもこだわるかもしれませんが、車を単なる「足」といった考えの人にとって新車を買うメリットがどこにあるでしょうか?

極端な話、近所のスーパーに行くのに高級外車で行く必要ってありますか?軽自動車でも十分ではないでしょうか。車は家系の固定費を圧迫する可能性もあります。

もし車へのこだわりが少ない方は新車や高い車には目を向けずに安い中古車から選択しても生活への支障はまったく感じないと思います。

予想もしないパーツが設置されている可能性

新車で購入すればオプションパーツは自分の好きなように設置することが可能です。これは新車ならでは醍醐味といった魅力です。

かたや、中古車であれば最初は前オーナーの個性が残された状態で販売店に並んでいる可能性が高いです。実はこの中に隠れた宝が残されていたりするのです。

さらにボディカラーもそうです。

新車は自分で好きな色を決めることができますが、それはメーカー側が提供している色であって本当に自分が求めていたカラーとは違うかもしれません。

膨大な中古車の中には全塗装をしていたり、ピンストライプを入れているような格好良い車も探すことができます。このような尖ったデザインの車というのは新車ではできないこと。

つまり新車時にはつけることができない社外パーツであったり、カラーリングが豊富にあるのも中古車の魅力です。それでいてステータスを車に求めないのであれば安い車でも選び放題といったわけになります。

安い中古車でも高級車はある

中古車というと大衆車をイメージする人も多いかもしれませんが、実は高級車と呼ばれる類の車も安く買うことができます。

特に不人気だった車は安く買取もされて売れないので販売価格も安くなります。不人気だった理由としては時代のトレンドがズレていた。販売戦略が悪かったなどがあります。

当時は高級車路線で売りにだされていたので、インテリア等も本革を使用していたり、シートヒート、リクライニング機能などが備わっている可能性もあります。

こういった人気高級車にもひけをとらない機能を備えた車両も安い中古車には存在します。新車で買えば500万〜600万円するような機能を備えた車も中古車市場では50万円前後で販売されていたりします。

安い中古車は売る時は覚悟が必要

買取店も馬鹿ではありません。

毎日クルマの相場をみているわけですから中古で買った車の価値といったものは当然わかっています。なので安く買った中古車を売る場合は安く買取されることだけは覚悟をしておかなければいけません。

車が高く売れると人気の車オンライン査定でも想像以上の買取価格になることはまずないと思っていましょう。

安くて良い中古車を手にいれたら最終的には乗りつぶすくらいの覚悟で使った方がコストパフォーマンス的には優れています。

50万円以下の車は税金がかからない

安い車のメリットは購入時にかかる自動車取得税が課税されないことにもあります。現在はクリーンディーゼル、ハイブリッド、電気自動車などがでてエコカー減税の適用があります。ですが車種も限られていますし、新車では高いです。

でも中古車の場合は経過年数によって税金が変動してきます。ただし高年式の場合は税率が低くないので取得税がかかりますが、高年式車両が50万円以下で買えることはまずないので基本的な50万円以下で販売されているような車両には取得税がかからないと言えます。